記事一覧

トップページ > 事務局からのお知らせ

「新規会員募集」一時休止のお知らせ

東京都杉並区健康管理士会では「新規会員募集」を一時休止いたします。

ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

書籍「武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる 」530円のご紹介!

 当、杉並区健康管理士会では、福島原発事故後、放射能の健康(特に子供たち)への影響を懸念して、4月上旬より情報収集を開始してミーティング等を行い、4月15日よりホームページにて有益と思われる情報を発信してきました。

 しかし、時として内容的に難しく、杉並区の一部のママ達から、もう少し掻い摘んで分かりやすく書いてほしい等、ご意見を頂きました。

そこで、皆様には、

書籍「武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる 」530円をご紹介いたします。

ファイル 83-2.jpg

 この本は、マンガもあり多くの放射能関連の書籍の中で一番読みやすく、ポイントも抑えてあります。放射能の知識とか、健康に対する諸学説とか、原子力行政の歴史とか暗部などの知識より、

 杉並区に住んで子育て中のママ達にとっては、子供たちを放射能から守るため具体的に如何したらよいかが最重要ですもんね!この本には、そんなママ達が必要とする情報がわかりやすく簡潔に述べられてます。

この書籍を読んで(30分で読めてしまいます)、
放射能に負けるな!みらいの食育くらぶ「被曝を減らす3つの心得」

http://www.healthcare21.org/index.cgi?no=69

を実践してもらえたら、まずは一安心ではないでしょうか!

 あと、書籍レビューで、武田先生ブログとの違いで
「米と肉に注意」を繰返し強調していますが、本ではそれほど強調されていない」
「本では卵は注意したほうが良い」
との意見がありますが、要は食べ物全てに気を付けた食材選び「選食」によるリスク回避をスーパー等で実践すれば問題ありません。

 是非とも「武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる 」を購入して読んでください!

----

追加、当会が勧める「選食」に関して、
「放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ」
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

・三重県の海産物の水揚げが不自然に増加!
 → 福島県沖の魚介類が三重県で水揚げされている可能性?
・福島県に新潟産と印字された米袋が大量に持ち込まれている。
 → 新潟産のお米は、福島県産で産地偽装の可能性あり?

などの、裏情報が報告されています。

真偽の程は確かではありませんが警戒して損はなく、木下さんのホームページは、表面化する前の情報が多く有益で定期的に要チェックです。

「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)」への参加報告

 この度、東京都杉並区健康管理士会は、「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)」にネットワーク団体として参加しました。

http://kodomozenkoku.com/

 当会は、福島原発事故後、放射能の健康(特に子供たち)への影響を懸念して、4月上旬より情報収集を開始してミーティング等を行い、4月15日より当HPにて情報発信を開始。また「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の情報発信支援もおこなってきました。

 しかし当会は、杉並区を中心に東京都内に特化した任意団体で活動も限られるため、他のNPO法人との連携・協力体制を模索しておりました。

 そして今回、「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)」の結成にともない、ネットワーク団体として参加を決めました。

 子ども全国ネットにおいて当会は、

・緊急性を伴う福島の子供たちの救済を第一に福島ネットワークの活動支援を第一としつつ、
・学校給食問題の解決
(食品衛生法に基づく食品中の放射性物質に関する暫定規制値の改定)

を目指すとともに、

 健康管理士会の本来の活動である生活習慣の改善や食育を通じて、放射能被曝による被害を減らして子どもたちの健康増進に寄与できたらと考えております。

 また、7/15現在で120の団体がネットワーク登録されているとのことですので、団体ごと様々な取り組みを行っておると思いますが、これだけの数の団体が集結する以上、中には営利目的や薬事法に反した健康食品の販促活動など、当会の方針と相容れない提案をする組織があるかもしれません。

 このため当会は、「子どもたちを放射能から守る」をいう立場で賛同・協力する一方、個別案件に関しては役員会に諮り、常識や良識、法律等に則って判断し、時には異を唱えるなど、是々非々で行動したいと考えております。

 最後に「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)」は、共に活動し、また賛同してくれる個人・団体の皆様を募集しております。是非とも登録して頂き、放射能から子ども達を守るため共に力を合わせて活動しましょう。

★★★ネットワーク団体および賛同者・賛同団体 登録のお願い★★★

今、放射能の影響とみられる症状が子どもたちに続出し、深刻化していく可能性があります。
けれども、福島では、いまだ“20ミリシーベルト”が撤回されずに子どもたちは危険にさらされ、
各地では、子どもたちの内部被ばくを心配する声をよそに、食材の調達やプール、給食など
政府自治体は、安全とはほど遠い暫定基準を放置したまま、対応する気配がありません。

そんな中、我が子を守るためには、親たちが一歩踏み出して行動するしかない……
いま、親たちが自分で、もしくは会を作って立ち上がり、署名を集め、陳情書を作り、交渉し、
各自治体や学校、園に対してのアクションを始めています。

「各地に散らばる一人一人や団体が全国規模でつながることで、大きなうねりをつくっていこう!」
野呂美加さん(NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表)の呼びかけをきっかけに、
「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク(子ども全国ネット)」が立ち上がりました。

ぜひ、あなたも、このページ一番下のボタンから、
ネットワーク団体として、もしくは、賛同団体や個人として登録いただいて、
つながりあって、全国へこのうねりを広げていきましょう。

ネットワーク登録団体とは
・子どもたちを放射能から守るための活動をしている非営利の団体を対象とします。

ネットワーク団体に登録していただくと…
・子ども全国ネットHPにて団体の情報(名前、所在、活動内容、HP)を公開できます。
・子ども全国ネットHPにて団体の活動(ブログ)の最新情報を公開できます。
・子ども全国ネットによる活動情報が配信されます。

賛同者・団体とは
・子どもたちを放射能から守るための当会の活動に賛同いただける個人、団体を対象とします。

賛同者・団体に登録していただくと…
・子ども全国ネットHPに個人・団体のお名前を掲載します。
・子ども全国ネットによる活動情報が配信されます。

http://kodomozenkoku.com/enrollment.html

ページ移動